上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
今日のは、写真庫というより、
普通の長い記事になりそうな予感。


長くなったら長くなったで、ま、いっか。





「次世代の日本人が安心して食べられる
本物の味と商品を伝えていきたい」

無添加、オーガニック、安心、安全、美味、
これらを追求する超こだわりスーパーが
うちからそう遠くない所にありまして。



そこの経営者さんと
私のお友達(チビキャン家:ブログはコチラが知り合いで。



ボジョレ解禁日のワイン会と
クリスマス会に参加させてもらいました







ボジョの日のメニューは秋刀魚づくし。

ヴォジョメニュ





「フランスでの飲み会の席で歌う歌?」をみんなで振り付きで歌う

うたにあわせて




ワイン屋さんもいらっしゃって
ワインについての薀蓄も教えてもらう。

ワイングラスを少し傾けて、
下からのキャンドルの炎で色を見ると
そのワインの本当の色が見えるんだそう。

みかた
黄色い丸印の辺りの色を見るんだけど、この写真では伝わらないですね(汗)





ワインに始まり、
ビール、日本酒、自家製梅酒、コニャック(だったかな?)
気前の良いオーナーさん。
次から次へとお酒が出てくる。

トライしたけど、苦手だったもの。

まむし酒
まむし酒。顔が見えるよ (゚д゚;)





こちらはクリスマス会でのお料理。
旬や調味料にもこだわっており素材を生かした薄味。

クリスマスメニュ





天井には猪の脚がぶら下がってた。

全く臭みもなく生ハムみたい。

ししにく





猟師さんからわけてもらって
塩をして吊っているだけなんだそう。

後ろに換気扇がみえるのは、お料理教室も開いているから。

あんよ
剛毛





こだわりの牛乳も。

想いやり牛乳





こちらの牧場では、他の牧場と、
牛の育て方、搾乳の仕方が全く違うんだって。


狭い牛舎に牛が閉じ込められていて
時間になると乳首をしっかり消毒して搾乳。


ではなく。


牛が食べる牧草にも農薬を使わず。
牛が自分で絞ってほしいと近寄ってくるまで搾乳せず。

そのおかげで、牛は何のストレスもなく過ごせるので
美味しい牛乳がとれる。



搾乳する際に 乳首を消毒液では消毒せず
よごれを拭く程度。

絞られた牛乳の殺菌も温度低め。
絞られた牛乳は殺菌をしてないんだそうです!

( ↑ 1/26:間違った情報をのせてしまったので訂正しました
やっぱり酔うとダメですねー。あ、もしかして歳のせいかも?




過剰な消毒をしていないせいで
必要な菌(乳酸菌)が生きており、
時間が経つと、
「発酵」してヨーグルトのようになるけど
「腐る」わけではないので
例え1年経っても飲むことが出来る。



・・・こんな話を聞いたんだけど、
したたか酔いが回っていたので 多少間違いがあるかもです
やっぱり間違いがありました(汗)





下の写真の向かって左側。
2009年の牛乳の真ん中部分は、後が透けているのが見えるかな?
これは、「ホエー」が出来ている部分。
ホエーって、ヨーグルトにもあるでしょ?
透明な水みたいなアレ。

想いやり牛乳2




「本物」を届けたい!というこだわりが凄いよね


こういう方とお話出来るなんて、なんてラッキー

こだわりの強い人って
(たまに面倒くさい人もいるけど)
お話してて楽しい♪

しかも、アルコールの中では
日本酒が一番好きなんだそうで。
(私と一緒!!)

今度は日本酒のことも色々話さなくっちゃ




 やっぱり長い記事になりましたね



スポンサーサイト
web拍手 by FC2
  
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
││01/26 10:27│編集


e-21鍵コメさま

見たのも間違いもキャー!大変!です(;´д`)…
飲みすぎには気をつけよう・・・i-229
あや姉│URL│01/26 19:23│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。