上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
ゲンさんと大濠公園のオサンポ。




一人と一匹が困った顔をしてこっちを見ています。



カモメ1








なぜなら。



(写真にはちょっとしか写ってないけど)
橋の半ばで、すごい数のカモメが 大声をあげながら
頭スレスレの高さで飛び回っているから。
(写真を撮るために餌を撒いていたよう)



カモメ2








ハトの群れが 地べたで日向ぼっこをしている時には
喜んで突っ込んでいくくせに、
なぜか空飛ぶカモメには ビビリンハピコ。

動物ニガテなゲンさんと ダッシュで駆け抜けていきました



カモメ3
ついて来るカモメも。エサなんてあげないよ。








それなのに、お生憎様。

その先では、子どもたちが橋のど真ん中で
エサを撒き撒き 鳥を引き連れて こちらへ向かってやって来る。

鳥たちはもちろん、子どもの頭の高さで飛び回る
(鳥にエサをあげるなっていう看板があるんだけどな)



カモメ4








私も、鳥は嫌いじゃないけど
フンが降ってきそうで小走りで通り抜けました


絶対そのうちフンが落ちてくると思うんだけど。
子どもの頃って、いちいちそんなこと考えずに行動するよね。
私だって昔はそうだったんだけど。。。
今は(昔は平気だった)テトラポットの上を歩くとか
ジャングルジムに登るとか 塀の上を歩くとか 急な斜面をダンボールで滑り降りるとか
なんでもなかった(というか楽しんでいた)ことが怖い。
分別がついたっていうのか 面白みのないヒトになったっていうのか。。。






カモメ5








困った顔してた割には、
ゲンさんと一緒に走られて嬉しくなったハピ
単純なコです(笑)



ニコニコと歩いておりましたが。。。










今度は、この世の終わりのような声を出してないています。



泣く2








ゲンさんが、スタバにコーヒーを買いに入って行ったから。
ほんのちょっと離れるのもイヤなんだって。

朝の出勤のお見送りは、クッションの上から
横目でチラリと見送るだけなのにね



しかも、店に入っていく姿を見たはずなのに、
すれ違うランナーたちの中から
ゲンさんを捜そうとするふしぎっこ。



泣く









そういえば、ここのスタバは
「環境に配慮した店舗づくり」をしているんだって。

内装などに他の店よりも木材が多く使われているし
コーヒー豆のかすと公園の落ち葉で、堆肥を作ってるんだそうです。
(外の席にはリードフックもあるよ♪)





それにしても、ハピコがあんまり切なげになくもんだから
オサンポ中の方たちから、数回、
「どうしたの?」って声をかけられちゃいました。

どんだけないてるんだか



泣く1









ゲンさんが戻ると
体をくねらせながら飛びついて歓待!

ハピと一緒に待つ立場だと(暴れ泣くハピコの相手が)大変だけど
こんな風に喜ばれるとたまりません










歩き回ってウォーミングアップした後は
お待ちかねのボール投げでございます



見つめる1
シッポがワシワシと地面を掃いています(汗)








もうこうなると ボールしか目に入らないハピコ

「ボールと私、どっちが好き?」
なんて聞こうもんなら 間違いなく
「ボール!」
って言われるんだろうなぁ。切ないわ。



見つめる2








鬼の形相になったり 笑顔になったり忙しいハピコ



喜ぶ
右後足だってこんなに曲がっちゃう!







ハピって、自分の感情に素直よねー。

ハピの素直さを 見習わなくっちゃ。かな。。。

いや。でも。私には無理かな。。。










私は、自分の感情を表現するのが苦手(嫌い?)。
(苦手なのもあるし避けているのもあるし出来ないのもあるし)



私が「素直になれない」とか「人見知りである」とかって、
自我の問題なんじゃないかと感じてはいるけれど。


思ったこと・感じたことを 、文字に・言葉に・表情に すると、
そもそも私の中にあったものとは 別のものになる気がするのです。
「なる気がする」じゃなくって「なってる!」と断言したいくらい。

(でもでも、だからこそ、ヒトの言葉も
ちゃんと受け止めて 良く考えようと思うんだけど)


結局。

それって、
周りの目を気にしすぎているだけなんじゃないかな。とも思う。



いちいち面倒くさい性格!



素直なひとたちが眩しいよ。



スポンサーサイト
web拍手 by FC2
  
コメント
そういえば、
テトラポッドなんてかわいいものでは無くて、渓流釣師もビックリな場所を竹の棒を使って飛び越えてなかったっけ?
ネコヤナギが綺麗だった記憶がありますが?
キャニオニングの先駆者?
ぶたのしっぽ│URL│03/03 19:56│編集

v-286ぶたのしっぽさま

子どもの頃に、田舎に住むのって贅沢なことかも。と思うよ。
今のご時世では、学力面では苦労するかもしれないけども。
「子ども時代の遊び」話になると、
ゲンさんよりもゲンパパの方が話が合うので
「遊び方が 一世代前違う!」とか言われるけど (^ー^;A
あや姉│URL│03/04 13:29│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://slowlysteps.blog56.fc2.com/tb.php/422-e5b9a479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。