上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
最近とてもお休みが多いこのブログ。

書きたいことが多すぎて、
どこから手をつけるべきかを悩んで、
さらに書くのが遅くなるという悪循環。。。


が、色々考えず、出来事があった順に
書くことに決めました!

・・・九州帰省記事が長すぎて、書くことに疲れているという気も・・・


1CIMG4763のコピー
ゲンさんにピタリと寄り添うハピ



九州帰省(その記事はこちら)する前日に、病院へ
ハピの車酔い止め薬をもらいに行ったんですが、
病院に行った目的は、それだけではありませんでした。



その日、血液検査を受けたのです。
しかも2種類!

ひとつは、アレルギー検査。
もうひとつは、避妊手術の術前検査。


2CIMG4765のコピー


以前のかかりつけ医からも
「アレルギーがあるかもしれない」と言われていたし、
オトナフードに切り替える前に、
アレルギー検査を受けたかったのです。
(ハピィには、鼻水。涙。カイカイを噛むことによる
赤み。時々ハゲ。があります)

アレルギー持ちかどうかを調べるだけなんだけど、
諭吉さん1枚飛んで行った
もし、何に反応が出るのかを調べるとなると
更に2万円ほど追加になるらしいです


アレルギー検査は、結果が出るまで1週間かかりました。
結果、アレルギーなし。

( 口周りや足をかゆそうにしてるけど、
なぜなんでしょう? ストレス? )


3CIMG4767のコピー



ハピィの避妊手術は、偽妊娠(おっぱいが出た)が
わかった(その記事はこちら)翌日に、病院へ相談に行き、
10月2日(土)と決めて 予約していました。

でも、決めたけど決められないというか、
ずっと色々考えて・悩んで・迷って・・・
このブログに書くことが出来ずにいました。


術前検査は10分ほどで結果が出て、
「問題なし」でした。


4CIMG4769のコピー



手術当日に検査をすることもあるようですけど、
前日から絶食させたりするし、
もし、検査で何か問題が見つかった時に、
当日じゃない方が対処の方法があるかもしれないから、
どうせ酔い止め薬をもらいに行くなら、
術前の血液検査もしておきましょう。
ということになってました。



検査の後は、なんとも言えない気持ちでした。

避妊手術を受けることが決まってしまったけど
本当にこれでいいのだろうか?と。。。


5CIMG4770のコピー



でも、あっという間に時間は経って。。。

手術前日は、ゲンさんが仕事が休みだったから、
ドッグランに連れて行って、たっぷり遊ばせた後、
シャンプーと爪切りをして。


CIMG4733のコピー
無邪気に喜ぶ姿にも罪悪感を感じます・・・


「前日の夜ごはんは、8時までにあげてください。
お水は、寝る前までOK。寝る時に水も片付けて
手術当日は、食事も水も抜きで
午前の診療時間中に連れて来てください。」
と言われていました。


でも、まだ暑い日が続いてます。
お水までダメなんて。

ポニョポニョのお腹に顔をくっつけて、
「ごめんね。ごめんね。ごめんね。」
と言ってみたけど、
ハピはキョトンとしていました。

あの、私達を信じきっている無垢な表情がまたツライ







寝られぬまま夜は過ぎて、朝になり、とうとう手術当日。

日帰り手術です。

連れて行く車の中でも、車酔いして 吐いたハピ。


12時で午前の診療が終わって、
午後(5時)からの診療までの時間に手術。
(おそらく1時半~2時くらいから手術開始)

手術を開始してから、手術を終え、
麻酔が覚めるまで、全部で1時間くらい。

麻酔が覚めた時点で、ハピィの様子を電話してくれる。
お迎えは、午後の診察時間中ならいつでもどうぞ。
ということでした。




CIMG4727のコピー
ここは東大阪市。ここにも無料のドッグランがあります。



ハピィと私達とのこれからの暮らしを考えて、
ベストな選択をしたつもりなのに、
本当にこれでいいんだろうか?って、悩んで悩んで、
病院に着いたのは、12時ギリギリ。

自分の決断じゃなく、時間が勝手に過ぎていって、
時の流れに ただ流されただけのよう。




ハピィを託す瞬間まで迷って悩んで。



「じゃ、ハピィちゃんをお預かりしますね」
と言われて、腹が据わらぬまま、
病院の先生にハピィを渡してしまった。

いつもなら、「いや~!!置いていかないで~!」
とギャンなきするハピィが、拍子抜けするほど
大人しく先生に抱っこされて私達を見送りました。

犬は、過去を振り返って文句を言うことなどもなく、
自分の置かれた状況をただ毎日精一杯生きて、
どんなひどい飼い主でも疑うことなく、
その飼い主を精一杯愛して忠誠を尽くそうとする生き物。

腹の据わってない飼い主を心配して、
自分の運命を受け入れたのかな?

あぁ、思い出すだけで、泣けてくる



CIMG4735.jpg




術後に備えての準備物を尋ねると、

全部いつも通りで大丈夫です。
特に用意する物もありません。
ごはんは普段のものと同じで大丈夫ですが、
量は、半分~多くても2/3までにして下さいね。


といわれました。

でも、ハピィのために何かをしたくて、
おいしそうな缶詰ごはんを買いました。
(dbfの子犬用。私も食べたけど、おいしかった。
ツナ缶みたいなニオイと味)



CIMG4734.jpg
いつものように自分の背後を守りながら、クンクンしようとするハピです




2時半頃、病院から「無事に終わった」と連絡があって。

5時からの開院に待ちきれず、
4時すぎには病院の近所に着いてしまって、
近くのショッピングセンターの駐車場で待機。

そこでも待ちきれず、結局10分くらい前に
病院に行ったら、受付が開いていたから、
中に入っちゃいました。

術後の体に、何かあったら大変だから、
診察時間が終わるギリギリ(8時)まで預かってもらう
ということも、チラッと考えなくはなかったけど、
それよりも、私達がいない知らない場所で
ひとり震えるハピィを想像すると、
居ても立ってもいられなくって。


待合室でゲンさんと、
「ハピを最初に受け取るのはどっち?」
「ゲンさんどうぞ」
「あや姉が先でいいよ」
と、うわべ上 譲り合いながら、
でも、早く抱っこしたくて待っているのに、
なぜか なかなか呼ばれず。。。

30分以上経って、まだかなぁ?と
コッソリ奥をのぞきに行っても見えなくて。。。

すると奥から「ひぃ~ん」とかすかにハピの声が!!!

嫌なこと(トリミングなど)をされている時のように
フィーン、ヒィーンとなき声がきこえはじめました。

その声が聞こえるだけでも嬉しくて、
待合室でソワソワする私達。




やっと呼ばれて診察室へ。
ゲンさんが先に。続いてわたし。
先生の腕の中にいた(と思う)ハピィが、
ゲンさんを見るなり、ゲンさんにジャンプ!

ヒャイン ヒャイン(早く帰ろう)となくハピィを
かわるがわる抱っこしながら、先生の話を聞きました。



CIMG4740のコピー
ドッグランのすぐ横がラグビー場




「 無事に手術が終わりました。
ご覧の通り、ものすごく元気です。

このコは、とってもオリコウサンですね~。
さっきまで全くなきもせずに、
ケージの中で点滴をしている間も大人しくしてましたよ。

今、なきはじめたのは、
きっと飼い主さんの気配を感じたからだと思います。
それまでは、イイコにしてました。 」



ハピィが

なかずに

大人しく

オリコウで

イイコ








そうなんです。
ハピィは本当におりこうでイイコなんです。
それなのに、いつも、そんな当たり前のことを、
忘れています・・・

(どうしても、手がかかることばかりに目がいって、
良いところを見逃しがちですよね。
ハピィは本当に、良いコなんです)


1CIMG4692のコピー
mimiさんからのいただきものベッドをチェックしています



「手術でおなかから取り出したモノを見ますか?」
と聞かれ、「はい!もちろん!」と返事をして、
見せてもらいました。

想像以上に小さかったです。
卵巣は、私の小指の爪の1/4くらいの大きさしかありません。

写真を撮りたかったけど、小心者の私は、
撮りたいと言えませんでした・・・

でも、後で大後悔。
やっぱり撮っておけば良かったぁ・・・

ゲンさんは、そういうの(グロテスクなモノ)が苦手ですが、
そんなゲンさんでも、しっかりと見ていて、
「あや姉が写真を撮ると思ったのに撮らなかったね」
と言ってました。
ハピィのモノなら、見ておきたかったそうです。
LOVEですね


2CIMG4691のコピー


病院の先生に、

「今までずっと点滴をしていたし、飲まないかもしれませんが、
前日から水を飲んでないから、とりあえずおうちに帰ったら
水を飲ませてみてください。
手術中に、気管にチューブを入れていたから、
水を飲んだら、咳き込んだり、吐いたり
してしまうことがあるかもしれませんが。」


と言われていたから、帰ってすぐにお水をあげました。
あまりほしくはなさそうだったけど、少しだけ飲みました。
でも、吐いたりすることはなかったです。


3CIMG4696のコピー


しばらく休ませて、夜のごはん。

手術後2・3日は、食欲が落ちて、
全く食べないコもいるらしいけど、
ハピは、食べたことのない美味しい缶詰ごはんのせいか、
控えめにあげたごはんを、ペロリと完食して、
「もっとほしいよ~!」と催促してました


4CIMG4695のコピー
一度しっかり洗ったんだけど、ハピィにはニオイがわかるみたい


ハピィがエリザベスカラーさえ着けてなければ、
丸っきり普段と同じです。

傷口を舐めるといけないから、カラーを着けるんだけど、
ハピィは、全く 傷口を気にする様子がありません。

でも、一応初日だから、着けてましたが、
着けなくてもいいんじゃないかと思うくらい。

手術をしてくれた先生の腕が良いから?
ハピィの性格が思ったよりも神経質じゃないから?
どっちでしょうね。
両方かな


5CIMG4690のコピー



エリザベスカラーといえば。
役に立ったのが、九州帰省の際
mimiさんからいただいたおさがりのベッド。

正直、「うちの家のカラーコーディネートとは合わないから、
どうやって使おうかなぁ・・・」と悩んでいたんですが、
エリザベスカラーをつけたハピィは、頭周りが大きすぎて、
いつもの自分のハウスには入れませんでした。

でも、そのベッドを、ハウスの代わりにサークルに入れると、
その中でくつろいでいました。

そして、さすがに、その日は疲れたようで、
ごはんを食べるとまたすぐに眠っていました。


CIMG4807のコピー
大きすぎて場所をとるサークルだけど、
今回は大きくて良かった!
カラーをつけていてもスムーズに動けます。



術後の写真は次回記事でお見せしますね。



・・・つづく





→ → → 「避妊手術のことカテゴリ」 は コチラから ← ← ←





スポンサーサイト
web拍手 by FC2
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://slowlysteps.blog56.fc2.com/tb.php/178-3d4624e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。