上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
7月10日。土曜日。

避妊手術予定日。


CIMG3021.jpg


でしたが、キャンセルしました


まだ、避妊手術をしない!と決めたわけではありません。

次のこのタイトルでの記事を書く時には、
(いつになるんだろ?秋か???)
先の見通しがたっていると思います。

とりあえず、「どうなったんだろう?」と
気にしてくれている人への経過報告でした


ここから下は、じぶんの覚書(めっちゃ長いし面白くない)
なので、とばしてください







先週末、箕面市(兵庫県に近い)の動物病院の
Y先生 に、避妊手術のことを聞きに行きました。

車で行ったけど、高速道路を使って30分。
下道で行くと1時間くらいかかります。

なぜ、そんな遠くまで行ったのか。
それは、避妊手術を受けるべきかを、また悩みはじめたから。


CIMG2832.jpg


というのも・・・
先日、マンションのドッグランで
ものすごくひどいアレルギー持ちの犬に会いました。

その飼い主さんに色々話を聞いたんですが・・・


CIMG2845.jpg


その犬は、7歳の大型犬の女のコ。
動物病院で、
「生後6ヶ月までに避妊手術を受けた方がいい」と
言われて、6ヶ月で手術をうけたそうです。

その病院は、大阪市の中心部にあって、
わりとメジャーで、一時期、どんどん規模が
大きくなっていたけど、もうなくなった(!)そう。

手術の時に皮膚をホッチキスの針みたいな金属で
とめていたけど、かぶれて、とりだせず、
その金属が体内に残っている。(手術の糸でかぶれる犬も多い)

術後、アレルギーがひどくなり始め、
常にステロイド剤を飲み続けなければいけなくなった。
全身毛が抜け落ちて、真っ赤な皮膚だけになった時期も。
去年は、「命が危ない(余命1年)」と言われたそうです。

今は、少し落ち着いているみたいだけど、
確かに、赤くなってハゲてるとこがたくさんあるし、
皮膚トラブルのせいでデキモノが出来ているし、
毛がはえているところも皮膚が赤い。


CIMG2835.jpg


その飼い主さんに
「きちんと避妊手術のデメリットについて勉強せずに、
言われるがままに手術を受けさせたことを、後悔している。
戻れるなら絶対受けさせない。
病院のことももっと調べるべきだった。
もし、避妊手術を受けさせるなら、病院の先生に、
これまでの手術の結果、どれくらいの割合で
アレルギーがひどくなるコが出たか。
そのことについてどう考えるか。どういう対処をしているか。
を聞いた方がいいと思う。」
と言われました。


CIMG2831.jpg


例えば、犬のしつけのことにしても、
飼い主さんそれぞれのやり方・考え方があり、
「犬には厳しくしつけなきゃダメ」という人もいれば、
「かわいい・かわいいってかわいがっておけば、
しつけなんかしなくても悪いコにはならないよ」という人もいる。

みんなそれぞれ、「うちのコ」とうまくいっているから、
自分ち流のアドバイスをくれるんだけど、
その家・その家の、ライフスタイル・犬の性格によって、
飼い主の要求も、犬の成長も違うものだから、
これなら確実に良い!っていうのはなくて・・・


CIMG2809.jpg


避妊手術にしても、
全く何の変化もない犬もいれば、
後遺症(っていうのかな?)がでる犬もいる。

丸々全部を鵜呑みにする必要はないかもしれないけど、
そんな可能性があるなら、後悔しないためにも、
もうちょっと慎重に考えようと、1本の電話をかけました。


これは、とっておきの call line 。
相手は、ちょっと有名なのに、偉そうぶってなくって、
勉強熱心な獣医師 K先生。

そんな知り合いがいるなら最初っからその人に相談しろ!
って感じですが。。。
元々、プライベートな時間で仲良くさせてもらってたから、
(相手にとって)仕事のことを会話にするのが嫌だったし、
九州の人だから・・・と思って。

(でも一時期、ハピの手術は K先生 にやってもらおう!
九州に連れて行こう!とゲンさんと本気で計画してました。)


CIMG2730.jpg


そんなこんなで、大阪の獣医師さんで、
K先生が信頼できる良い獣医師さんがいないかと聞いて、
Y先生 を紹介してもらったのです。(K先生ありがとう!)

Y先生は、
避妊手術を受けると、アレルギーがひどくなる
(ことがある)という事については、なんの根拠もない。
(代謝がおちたりする分、太ることはあるみたい)
犬がアレルギーを発症しはじめるのが、
(ある程度体が出来てきた6ヶ月~1歳くらいから)
ちょうど、避妊手術をうける時期とかぶることが多いから、
避妊手術のせいだと思うのではないか。

避妊手術は、健康な体の、健康な臓器をとってしまうのだから、
抵抗を感じる人が多いのもわかる。でも、手術を受けておけば
「今後かなりの確率で発生する病気=ガン」
を防ぐことが出来るのも事実。

その、メリット・デメリットを比較して、
病が発生しないほうの確率にかけて手術をしないのも、
手術をうけてあらかじめ予防してしまうのも、
それは飼い主さんの判断ですよ。

手術の時期は、秋くらいまでならいつでも大丈夫。
夏に手術をしたから化膿するなんて、
イマドキの技術をもってすればありえない。

ということでした。


CIMG2708.jpg


いつものかかりつけの ハピの大好きなセンセイ は、
若いのに(多分私より年下??)熱心で、
評判も悪くない。ただ、忙しい時間帯に行くと、
話をききづらい雰囲気の時があります。
(これがものすごくひっかかります!
手術の予約をしに行った時も、患者さんがいっぱいで
忙しそうで、手術の具体的な話も何もなくて、
「受付で紙を渡します。それに当日の絶食のことなど
書いてますから読んでください。」で、終わり

センセイにしてみれば、
しょっちゅうある手術のひとつかもしれないけど、
私たちにしてみれば、大事な家族の一大事ですもん。
もうちょっと、きちんと対応してほしかった。
手術のデメリットのこともあるけど、
これも大きな迷いのひとつ。


今回はじめての Y先生。K先生 からの信頼があるし、
きちんと色々と話してくれたとはいえ、
まだ、話を聞きに行っただけだし、
何より、家から遠いのがネック。
普段の避妊手術は日帰りらしいんですけど、
うちの住所を聞いて、術後の長時間移動も心配でしょうから
1泊してもいいですよ。ということでした。

ちなみに金額はどちらでもあまり変わらない。

-----Y先生の金額-----
再診料     525
避妊手術  26,250
血液検査   8,000
薬類     2,100
合計    36,875

傷口に触れないようにするためのカラーが必要なら
別料金になる。

別に後日、再診料 525 + 抜糸 1,050


CIMG2534.jpg


ずっとずっと 手術のメリット・デメリット、
もし手術を受けるなら、どっちの病院にするかを
考えて 考えて 考えて。

やはり手術を受けさせようという気持ちが若干強いんですが、
まだ、決断できていません。

どの結論にしても、きっとまた何か思うところがでてくるんだろうなぁ・・・




→ → → 「避妊手術のことカテゴリ」 は コチラから ← ← ←






スポンサーサイト
web拍手 by FC2
  
コメント

K先生に電話で相談したんやね!
お知り合いの先生紹介してもらえてよかったね!
でも、遠いのかぁ・・・
納得できる答え(?)が見つかるといいね><
キャンデ’ズママ│URL│07/09 06:03│編集

私も悩んだよ。
私が病院、くすり嫌いだから、
自然に任せることにしました。
昔はこんなに動物病院無かったしー
私が薬ばかり飲んでた時は健康ではなかったからね。いまだに答えは解りません!
ミミ│URL│07/09 07:51│編集

こんばんは、家もキャンディの時、悩んで何と無くずるずるやった そのうち キャンの子供が欲しいと、思うよになり キャンに頑張ってもらい 今は良かったと思います。
でも これからの キャン早く 避妊手術せねば・・・ミルの子供も見たいかも・・・^^
キャンディ’パパ│URL│07/10 18:59│編集

v-286キャンディファミリーさま

悩んでも、結局手術を受けるんだろうなぁと思ってはいるんですけど
ふんぎりがつかなくって、K先生に相談しました。
かかりつけのセンセイの態度がちょっと気になったから・・・
キャバリアは心臓疾患やアレルギーなどの確率がものすごく高いので
(最近アレルギー症状が出てるんです。そのうち記事にする予定です。)
防げる病気はあらかじめ全部防いであげたいと思うんです。
ハピの子どもがいたらいいなぁとは思うけど、無理ですねぇv-388


v-286ミミさま

犬種図鑑みたいなのを見ても、キャバリアは「つくられた」犬種です。
元々が不自然だから、よけい悩みますv-356
それに、優柔不断なので、決断が遅いんですv-393
これでいこう!と決めてしまってすっきりできるといいんですけど・・・
あや姉│URL│07/11 00:46│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://slowlysteps.blog56.fc2.com/tb.php/128-17534e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。